講演・セミナー

潮見坂リーガルセミナー(2020年2月27日開催)※開催中止


申込受付終了


新型コロナウイルス感染症拡大に伴う潮見坂リーガルセミナー開催中止のお知らせ
 

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、2020年2月27日に開催を予定しておりました「潮見坂リーガルセミナー」を開催中止とさせていただくこととなりました。

お申込みいただいておりました皆様におかれましては、ご迷惑をおかけすることとなり、誠に申し訳ございません。
今後、新型コロナウイルス感染症が収束いたしましたら、開催を再開する予定でございます。
何卒ご容赦下さいますよう、お願い申し上げます。
 



近年、メンタルヘルス疾患の従業員の休職・復職に関する対応が、多くの企業で悩ましい問題となっており、休職命令の発令の可否や復職の可否の判断等をめぐる裁判例も急増しています。また、高齢者雇用の拡大も一因となり、日本の労働人口の3人に1人は何らかの持病を治療しながら仕事をしていると言われています。従業員が心身の不調に陥った場合、企業としては、就業規則等の正しい解釈に基づき、主治医や産業医の意見を踏まえつつ、個別の事案ごとに困難な判断を求められることとなります。

本セミナーでは、休職命令の発令、休職中の労務管理、リハビリ勤務、復職の可否をめぐる判断、復職後の処遇、再休職、休職制度の変更等の論点について、近時の裁判例を踏まえつつ、実践的に解説します。


【日時】2020年2月27日(木)13時30分~16時30分
【場所】ステーションコンファレンス東京 501A・B・S会議室
    東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー 5階
    https://www.tstc.jp/tokyo/access.html

【プログラム】13:30~14:00 企業法務トピックス解説
               弁護士 竹岡 裕介 (第二東京弁護士会)
       14:10~16:30 休職・復職をめぐる諸問題と対応 ~メンタルヘルスを中心として
               弁護士 蓜島 啓介 (第二東京弁護士会)
【受講料】無料

【締切】2020年2月13日(木)
※会場の都合などにより、申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきますことを、予めご了承下さい。

セミナー当日、受付の際にお名刺を1枚頂戴したく、ご準備いただけますと幸甚です。

お問い合わせ先  TEL: 03-3596-7300  Mail: shiomizaka-seminar@szlaw.jp


開催日時

2020年2月27日(木)13時30分~16時30分